千葉県習志野市の糖尿病専門医 糖尿病の治療薬

医院紹介診療時間アクセス

糖尿病専門医の治療による糖尿病(食事・血糖値・合併症)闘病のための知識/徳山内科外科医院糖尿病専門医の治療による糖尿病(食事・血糖値・合併症)闘病のための知識/徳山内科外科医院 診療時間・お問合せ:047-453-3515

 

インスリン治療

 

TOP > 糖尿病の治療薬 > インスリン治療糖尿病専門医/徳山内科外科医院

インスリン治療

当院では、入院しなくてもインスリン治療をはじめられます。

飲み薬などで血糖値が良くならない場合、インスリンの治療を行います。
以前はインスリンの注射というと、もうおしまいだ!と思う方もいました。
しかし、現在では、次の理由から早めにインスリン治療を行い、うまくいっているひとがたくさんいます。

インスリン治療とは

遺伝子工学で作ったインスリンを万年筆のような筒に入れ、細い針をつけてお腹に注射する
最近では、使い捨てのタイプもある 病状により1日1〜4回打つ 。

インスリン治療が必要な場合

  • すぐに血糖値を下げる必要があるとき
  • 血糖値が著しく高い状態が続いたとき
  • 他の治療では十分な効果がないとき
  • 1型糖尿病のとき

インスリン治療の特徴

  • 注射器が改良され簡単で痛くありません。
  • 入院しなくても始められます。
  • 一生打つとは限らず、良くなればやめることもできます。
  • すいぞうから出る自分のインスリンが減っているときはもちろん、たくさん出ているときでも外から補うことですいぞうを休ませることができる(モーター付自転車のように)ので、インスリン工場が疲れてしまうのをふせげます。
  • インスリン注射とのみ薬の組み合わせ治療もあります。
  • 最近では寝る前1回だけインスリン注射を行う方法から開始し十分な効果がある患者さんもみられます。

インスリン治療の進歩

超速効型インスリン超速効型インスリン
超速効型インスリン ノボラピッド、ヒューマログ、アビドラ

従来のインスリンは、注射してから吸収されるまで時間がかかり、食後の血糖値の上昇をおさえるためには食事30分前に打つ 必要がありました。超速効型インスリンは注射後の吸収が速く食事の直前に打っても効果が発揮されます。

長時間作用型インスリン長時間作用型インスリン
1日1回でよい ランタス(グラルギン) トレシーバ など
超速効型と従来からある中間型を混ぜたインスリン超速効型と従来からある中間型を混ぜたインスリン
速効型と中間型の比率で30ミックス,50ミックス,70ミックスなどがある
1日 2〜3回打つ
長時間作用型と超速効型を混ぜたインスリン(新薬)長時間作用型と超速効型を混ぜたインスリン(新薬)
ライゾデグ

*いまのインスリン注射針は細くてほとんど痛みはありません

〒275-0016 千葉県習志野市津田沼7丁目16-19
〒275-0016 千葉県習志野市津田沼7丁目16-19

お電話はこちらから

TEL:047-453-3515

Copyright c TOKUYAMA CLINIC All Rights Reserved.